筋トレで肉体改造.com
筋トレで肉体改造.com > 筋トレ研究室 > 筋トレ研究室について

筋トレ研究室について

筋トレ研究室は、自分のライフスタイルに合わせて筋トレを続けていける上級者を目指すコンテンツです!

筋トレの上級者とは?

「筋トレ研究室」は、筋トレの上級者を目指すためのコンテンツです。

では、一般的に筋トレの上級者の条件とはどんな事があるでしょうか?

  • すごいマッチョな体をしている人
  • すごい重量で筋トレをしている人
  • すごい筋トレの知識が豊富な人

こういった人達は、間違いなく筋トレの上級者だと思います。

しかし、私が考える筋トレ上級者としての一番の条件は、
ライフスタイルに合った筋トレ法を見つけ出し、
生活環境や体調が変化しても臨機応変に対応して筋トレを続けていける事です。

筋トレを行う人はそれぞれに目的があり、ライフスタイルも1人1人違います。

そして、色んな理由で筋トレを維持していく事が困難な人もおられます。

  • 仕事や生活が多忙で筋トレの時間が無い
  • 筋トレする時間はあるが怪我などが多く継続できない
  • スポーツ補強で筋トレをしたいが競技練習の時間を削りたくない
  • お金が無くてジムに通えないし器具も買えない
  • ジムに通いたいが近くにジムが無い
  • 出張や転勤が多く継続して筋トレできない

そんな自分の状況や環境、
ライフスタイルに合わせて臨機応変に対応して
筋トレを継続できる人が真の上級者だと思うのです。

コンテンツの意義

私は筋トレのサイトを立ち上げてから、サイトを通じて様々な方達と交流させて頂いております。

「短時間トレーニング」SATOさん

私がサイトを立ち上げて間もない頃からお世話になっている
短時間トレーニングのSATOさんは、
平均睡眠時間4時間の超多忙な生活の中で、
1回30分、週2回の筋トレを続け、
見事兵庫県のボディビルコンテストで優勝されました。

SATOさんは、短時間で出来る筋トレを模索され、
スーパースロートレーニングという筋トレ法を実行されていました。

「チューブトレーニング」山田豊治さん

チューブトレーニングの山田豊治さんは、
スロートレーニングやチューブトレーニングなど、
当時まだまだ注目されていなかった筋トレ法を研究し、
ご自身の筋トレはもとより、サイトや電子ブックを通じて情報を配信されています。

私自身お二人の影響で、
ライフスタイルに合った筋トレを見つける為に奔走し、
最近やっと筋トレが理想の形に近づいてきました。

筋トレ研究室は、
筋トレを継続するのが困難な環境の方に、
筋トレを諦めないでほしい!という思いから作成に踏み切りました。

コンテンツの内容を実践するにあたって

当コンテンツの情報は、書籍やウェブで調べた情報をもとに、私自身が実行してまとめたものです。

実行される場合は、ご自身の体を使って試すようなつもりでやってみてください。

そして、できれば筋トレの基礎知識を持ち、ある程度の経験を積んだ方に実行して頂きたいと思います。

  • 基本的な筋トレの方法とどのように違うのか
  • やってみて体の状態はどうか

そういった事を意識しながら筋トレ実行してみてください。

次の記事を読む⇒自重トレーニング