筋トレで肉体改造.com

筋トレ大百科

森先が実際に「筋トレ大百科」を購入し、内容を確認した上で「おすすめポイント」と「残念ポイント」に分けてレビューさせていただきました。できる限り内容が伝わるようにコメントしてみましたので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

おすすめポイント

筋トレ大百科は、筋トレの基礎から実践まで全698ページで構成されるまさに筋トレの教科書ともいえる教材です。

この教材の特徴は何と言ってもそのボリュームと情報の質、そして、初心者でも理解しやすい構成と文章力です。ボディビルダーのTOMさんがモデルの写真や、図表も豊富に使われており、スムーズに理解を深めることができるようになっています。

筋トレのやり方だけでなくメンタル的なこと、筋肉が発達する仕組みや食事に関する事など、筋トレに関連する事項が網羅されています。この教材があれば他には何もいらないぐらいの内容です。まさに一生使える教材といえるでしょう!

残念ポイント

あえて、残念ポイントをあげるならば、その圧倒的に多すぎるボリュームかもしれません。 実際のところとして、筋トレ大百科の内容を全て理解するには相当な時間を要するでしょう。

しかし、目次もしっかりと作られているので、はじめに全ての内容を一気に読んでから、必要な部分を辞書的に活用していくという使い方もできますので、はじめから全ての内容を理解しなければいけないという事はありません。

詳しくは、下の「総評・補足」の項目で説明しますが、とりあえず実践しながら読み進めていく方法として良いアイデアがありますので、購入された際には是非参考にされてみてください。

私は今でも伸び悩んだ時や疑問が浮かんだ時などは本棚から筋トレ大百科を引っ張り出して復習しています。 意外に新たな発見などがあって重宝しています。 正しい方法を身につけてしまえば一生物ですから、焦らずにゆっくりと筋トレの知識をマスターしていきましょう。

総評・補足

初心者の方から上級者の方まで皆さんが満足できる森先一押しの教材です。

筋トレ大百科の特典として「3ヶ月自重ホームトレーニングプログラム」というのが含まれています。
こちらのコンテンツでは全くの初心者の方が3ヶ月間で器具などを使わず自重によるトレーニングだけで「筋トレど素人」を卒業してしまえるプログラムです。
具体的な実践方法や進め方が解説されていますので、まずはこちらを実践しながら筋トレ大百科の本巻を読み進めていけば効率的です^^

筋トレ大百科の価格は14800円です。

180日の返金保証

筋トレ大百科には180日の返金保証がついています。
内容が薄いと思った場合や効果が無かった場合などは返金に応じてもらえますので、まだどうしようか迷っている方は安心して購入することができます。

まあ、中身を見れば返金保証の事なんて忘れてしまうぐらい濃い内容ですが。。。

筋肉トレーニング種目一覧
ダンベルの筋トレ
バーベルの筋トレ
マシンの筋トレ
自重トレーニング
筋トレ入門
肉体改造実録
腹筋を割る方法
スポーツトレーニング
ダイエットの秘訣
筋トレ研究室
サプリメント情報