筋トレで肉体改造.com

クエン酸

クエン酸の摂取はクエン酸サイクルを活性化させ、筋肉疲労を軽減させる効果があります!

クエン酸サイクル

体内では、食べたものをエネルギーに変換するときに、
まずブドウ糖に変わり、クエン酸を含める数種類の酢と酵素・ビタミンによって燃焼されます。

そして、燃焼するときに使われたクエン酸は、老廃物として排出されるわけでは無く、
その後のサイクルによって再びクエン酸に戻ります。

これはクエン酸サイクルと呼ばれ、エネルギー変換時に老廃物を体内に残さないための仕組みです。

クエン酸サイクルにはもちろんクエン酸が使われます!

クエン酸と筋肉疲労

エネルギーの原料となるブドウ糖を燃焼する時に、完全燃焼されずに燃えカスができます。

これが筋肉に蓄積されると疲労の原因となる乳酸に変化します。

クエン酸はこの燃えカスを分解するので、疲労を残さないためにはクエン酸の摂取が有効です。

また、疲労してしまった時はクエン酸を摂取することで回復が早まります。

次の記事を読む⇒ビタミン