筋トレで肉体改造.com

クレアチン

クレアチンは無酸素運動のエネルギー源です。クレアチンでハードな筋トレを目指しましょう!

クレアチンについて

クレアチンは肉類などに少量含まれれる成分で、体内でも数種類のアミノ酸から合成されます。

クレアチンを補給すると体内のクレアチン保有量が増大し、クレアチリン酸(※下記参照)の生産が容易になります。

クレアチンを補給していると体重増加に繋がるという話もありますが、それはクレアチンに結合する水分の重さだと言われています。

しかしクレアチン保有量が十分であれば、より高強度の筋トレが可能になるので、結果的には筋肉量の増加につながるといえるでしょう!

実際にボディビルダーやアスリートの間でもプロテインに次いで最も人気があり効果を実感されているサプリメントがクレアチンです。

クレアチリン酸とは

クレアチリン酸は無酸素運動を行う時のエネルギー合成に使われます。(簡単に言えば、無酸素運動のエネルギー源)

無酸素運動の疲労原因は、クレアチリン酸の急速な減少だと考えられており、クレアチリン酸の生産が早く行われれば、エネルギー合成の速度が高まり、ハイパワー、ハイスピードなどの無酸素運動が求められるスポーツのパフォーマンスは向上すると考えられます。

クレアチンはいつ飲めば良い

クレアチンはプロテインなどと同じように、筋トレ後の摂取が一番効率良く吸収されるとされています。

また、当分と一緒に摂ることによって、さらに効率よく筋肉に取り込まれる性質があります。

クレアチン摂取のまとめ

クレアチンの摂取は、無酸素運動が求められるスポーツには有効だと考えられます。(格闘技、ラグビーなど、もちろん筋トレも!)

しかし、有酸素運動が求められるスポーツには、体重増加によるパフォーマンスの低下の恐れがあるため、おすすめできません。(マラソンなど)

私が使用しているのはビーレジェンドのクレアチン。
国産で安価なのでおすすめです。


⇒ビーレジェンド クレアチンの詳細を見る

次の記事を読む⇒グルタミン