筋トレで肉体改造.com
筋トレで肉体改造.com > 筋トレお役立ち情報 > 筋トレノートをつけよう

効果を実感するために

筋トレの喜びは効果を実感できた時におとずれると思います。効果というのは見た目の変化はもちろん、使用できる重量やレップ数などの変化も含まれます。色々な変化を実感するために筋トレノートをつけましょう。

1年前の自分と比べてみる

筋トレは、数週間や数か月で完了するものでは無く、ずーっと続けていくものです。 私も筋トレをはじめてから約15年が経過しようとしていますが、最近になって思うのが最初から筋トレノートをつけておけば良かったということです。

はじめのうちは、友達に付き添って何となく行っていたため、どの位の重量を扱っていたのか、どの位の頻度で行っていたのかについてハッキリと思い出すことができません。

覚えているのは、ベンチプレスで60キロが上がるようになった時にすごく嬉しかったということぐらいです。

1年後の自分がどのように変化しているか、1年前の自分と今の自分がどう変わっているか、変化を数値で見る事ができる記録は絶対にとっておくべきです。

筋トレノートのつけ方

私の場合はA4ノートに書き込んでいました。
1週間を1ページにまとめていくような感じで、「日付、行った部位、種目、重量、レップ数」をメモっていくような感じです。

↓こんな感じです。

体重や感じたことなども書いておくと、あとあと役に立つと思います。

上で「書き込んでいました。」となっていますが、今はもうノートはつけていません。スマホで記録してチャットワークっていうアプリに送っています。

最近では筋トレノートようのアプリなどもいろいろと出ているようですので、試してみて下さい。

筋トレノートの活用方法

筋トレノートを活用する方法ですが、まず一つ目は停滞を抜け出すことに使ってみましょう。
記録を見ながら、どの位停滞しているのか、その間どんな筋トレを行っているのかを分析して筋トレに変化をつけていきます。
そして更に記録を見ながら試行錯誤していくことで停滞を抜け出すことができるでしょう。

また、筋トレノートをつけていると意外と人間の記憶って上書きされて実際とは違った形で記憶されている事が多いのに気づくと思います。
自分の変化を正確に把握するためにも役立ちます。

最後に、数年間続けていくと後で見返して一人でムフムフすることができます(笑)
これって結構重要です^^

筋トレお役立ち情報に戻る

筋肉トレーニング種目一覧
ダンベルの筋トレ
バーベルの筋トレ
マシンの筋トレ
自重トレーニング
筋トレ入門
肉体改造実録
腹筋を割る方法
スポーツトレーニング
ダイエットの秘訣
筋トレ研究室
サプリメント情報