筋トレで肉体改造.com
筋トレで肉体改造.com > 腹筋を割る方法 > 腹筋を割るための2つのプロセス

腹筋の真実とは

効果的に腹筋を割るためには2つのプロセスが必要です。 たくさんの人が失敗してしまう理由は、どちらか一方のプロセスだけで割れた腹筋を手に入れることができると思い込んでいるところにあります。

かっこ良く6つに割れた腹筋を作るための2つのプロセスとは

腹筋を割ろうと決意して頑張っても、成功できる人はすごく少ないのが現状です。 なぜ失敗してしまうのか?それは、腹筋を割るための手順について理解できていいないからです。

腹筋を割るための1つ目のプロセスは、

腹筋を鍛える

そして、2つ目は

脂肪を落とす

大切なのは、この順序です。「腹筋を鍛える」⇒「脂肪を落とす」 実は、このプロセスを順序良くを踏むことが一番大事なんです。

腹筋を鍛えながら体脂肪を落とす事は不可能とは言えませんがとても難しいことですし、脂肪を落としてから腹筋を鍛えるというのもすごく効率が悪くなってしまいます。

それでは、2つのプロセスについてもう少し詳しくお話ししますね。

なぜ、腹筋を鍛えてから脂肪を落とすのか?

何故腹筋を鍛えることが第一段階になるのか?脂肪を落としてから腹筋を鍛えては駄目なのでしょうか? それは、筋肉を発達させるための方法と脂肪を落とすための方法が相反するものであるからです。

筋肉を大きく発達させるためには体重を増やす必要がり、脂肪を落とすためには体重を減らす必要があります。

つまり、体重を増やすことと減らすことは一緒にできないので、筋肉をつけながら脂肪を落とすということは出来ないということです。 (100%無理ということはありませんが、かなり難しいです)

腹筋を割るという作業は、粘土細工と似ています。
まず大まかに下地を作ってから、細かく仕上げてきましょう。 腹筋を大きく発達させてから、かぶさっている脂肪を削っていく。そんな感じでイメージして下さい。

先に脂肪を減らしても、腹筋を鍛えようと思ったら体重を増やさなければいけません。 体重が増えるということは少なからず脂肪も増えてしまうので、そこから更に脂肪を落とす作業が必要になってしまいます。

また、筋肉量が増えると基礎代謝がアップして脂肪を減らしやすい身体になりますので、腹筋を鍛えてから脂肪を落とした方が効率的なのです。

最高で最強の腹筋強化マニュアルをご紹介します。 本気でシックスパックを手に入れたいなら、まずはリンク先の動画でボディコーディネーターyoshiさんのメッセージをご覧ください。
⇒腹筋強化の極意 公式サイトはこちら
⇒実際に購入して内容を確認した私のレビューはこちら

次の記事を読む⇒腹筋図解と可動域について