筋トレで肉体改造.com
筋トレで肉体改造.com > 肉体改造実録 > 低炭水化物で体脂肪燃焼

低炭水化物で体脂肪燃焼

低炭水化物な食事により体脂肪からのエネルギー消費を活発にし、太りにくい体を作りましょう!

低炭水化物な食事のメリット

私が減量をはじめるにあたり最初に行ったことは、低炭水化物な食事です。
これは、カロリーコントロールがしやすいという点と、体脂肪のエネルギー代謝を活発にするためです。

3大栄養素の炭水化物、脂肪、たんぱく質のうち一番簡単にエネルギーとして使えるのは炭水化物です。
ですから炭水化物をたくさん摂取すると、炭水化物がどんどんエネルギーとして使われ、うまく体脂肪を燃焼できません。

ですから低炭水化物な食事によって、体脂肪をエネルギーとしてどんどん使ってもらおうという魂胆です。

低炭水化物な食事の目安

低炭水化物な食事の第一歩は、皆さんの大好きなお米を減らす事です。

日本人の主食はお米ですが、お米は炭水化物の象徴みたいな食材です。
まずは、これを10~15%程度減らす事からはじめましょう!
これだけで、一日でかなりの炭水化物を減らす事ができます。

炭水化物の二重食べは厳禁!

これは本当に大事なところですが、麺類、パスタ、パン、米などの食事の主となる食材は、ほとんど炭水化物がメインです。
うどんとご飯、パンとパスタ等の二重食べは絶対に避けましょう!
意識的にこれを気をつけるだけでも、長い眼で見れば大きな効果が期待できます。

体重とカロリーの関係

体重の話になりますが、体重を1kg減らす為には7200キロカロリー減らさなければなりません。

普通の人の場合、男性女性含めて一日の総摂取カロリーは1500~2000キロカロリーといわれていますので、体重1kg落とすだけでも大変な事が分かります。

これは毎日の積み重ねが大切ですので地道に頑張っていきましょう!

短期間で体重が減少しても、それは食事や水分補給による体重変化で自身の体が変化した訳では無いと覚えておきましょう。

ちなみに、1日にご飯1杯分のカロリーを減らしたとすると体重1kg減らすのに約1ヶ月かかります。
(ご飯お茶碗一杯約250キロカロリー)

次の記事を読む⇒高たんぱく質でメリハリボディ