筋トレで肉体改造.com
筋トレで肉体改造.com > おすすめダンベル

重量が変えられる!安い!可変式ダンベル

写真のダンベルは、森先が自宅での筋トレで使用しているダンベルです。
この可変式ダンベルは、2.5kg~30kgまで2.5kg刻みで細かく重量を変更できる優れもので今でも自宅のトレーニングでは重宝しています。

購入する時のおすすめは、30キロ×2セット(17,690円送料無料)です。

おすすめダンベルをレビューしてみました

森先は夜遅くにトレーニングする時もあるので、音の静かなラバー付きのダンベルはかなり重宝しています。

30kg×2セットのダンベルは、左の写真のようにシャフト(棒)が2本、プレートを止めるカラーが4個、5kgプレートが8枚、2,5kgプレート4枚、1,25kgプレート4枚のセットになります。シャフトとカラーを合わせると2,5kgになるので、片方30kgの重さまで調整可能になります。組み立て方は下のような感じです。動画を見てもらえば分かりますが、ラバータイプでもある程度の音はするので購入される時の参考にしてみてください。

カラーはコロコロと転がすようにするとすぐに閉まります。こちらも別に動画で撮ってみました。

ちなみに片方に付けられる最高重量は37.5kgでした。ただ、37.5kgではカラーの締まりが甘くてすぐに外れてしまいそうなので実際に行う時は35kgが限界だと思います。35kgだったら外れる事は無いと思います。

でも、これ以上に重量を増やしたい人は荒業になりますが、10kgプレートを追加で購入すれば40kg以上のトレーニングも可能です。
(※プレートの直径が大きいので少し動作がやり辛いとは思います。)

ただ、重量に関しては鍛えていきながら後々考えていけば良いことです。
森先も自宅で筋トレする時は、40kgのダンベルで十分(最近はフォームや筋肉の動きを意識するようになって30kg以上扱う事はほとんどありません。)
↓30キロのダンベルでもこの位はいけるって事です

ジムに通えば毎月10,000円位はかかりますし、1回飲みにいけば5,000円位はかかりますよね。 それを初期投資にまわしてしまえば、自宅が立派なジムになります。
環境さえあれば筋トレはいつでもできます。トレーニング環境を整えることは本当に大切なことだと思います。

片手セットと両手セットがありますが必ず両手セットにしましょう。 腕以外の筋トレはほとんど両手で行いますので片手セットでは不便です。

ちなみに↓は私がおすすめしている通販ショップ「ティズスタイル」のダンベル価格の一覧です。
ティズスタイルの良いところは、なんと送料が無料なのです!

↓「ティズスタイル」ダンベル(両手セット)価格一覧

30kg×2セット 17,690円(税込) 25kg×2セット 15,280円(税込)
20kg×2セット 12,190円(税込) 15kg×2セット 9,770円(税込)
10kg×2セット 7,130円(税込)

ダンベルを通販で購入する際は送料に気を付けて下さい。 重量のある物ですから、ダンベル自体の価格が安くても送料だけで3000円程度かかる場合もあります。
私がご紹介しているティズスタイルは、ダンベル全品送料無料です。

※より良い筋トレ環境のため、フラットベンチ(9,330円)またはフラット・インクラインベンチ(16,280円)と同時購入をおすすめします。

⇒フラットベンチのレビュー

⇒フラット・インクラインベンチのレビュー

ティズスタイルのダンベルはこんな感じで届きます

さて、ではティズスタイルのダンベルがどんな風に届くかレポートしてみます。
可変式ダンベルは既に持っていたんですが、今回職場にも設置することになったので10キロ×2セットを新たに購入しました。

注文後、2日目に佐川急便で商品が届きました。

小さ目の段ボール2つで届きました。
プライバシー保護のため、住所などは隠しています(笑)

中身はこんな感じです。

プレートが4枚とシャフト、プレートを止めるカラーとプレートに付けるラバー。
これが1セット分です。

梱包を外すとこんな感じです。

ラバーを巻いてみました。
慣れてくるとすぐにできますが、最初は少してこずりました^^;

組み立てて完成!

もう片方も組み立てて、こんな感じに出来上がりました!